Tシャツモデルフライヤー'''

 

Simple ver.

 

 

Tシャツモデルフライヤー'''

 

Arrange ver.

 

 

Tシャツ4種 完成

 

Tシャツ4種 完成

 

4 Types Of T-Shirts

 

 

IMG_1019' 幅1000px

 

 

 

 

音詩物 WEB用 幅900px

 

T-Shirts PHOTO at LIVE

 

 

 

 

 

 

title : 音詩物TRIANGLE LIVE T-shirts & Flyer

date : 2013.6-12

client : 音詩物TRIANGLE

design : yuki.h

model : Hiroyuki Shiono

flyer photograph : Anri Nagata

live photograph : yuki.h , Tsuyoshi Usui , Yuji Ishibashi

category : MUSIC , FASHION

 

 

 

design Concept :

 

2013.11.3に新宿MARZにて開催された3イベント合同LIVEイベント「音詩物TRIANGLE」のTシャツデザイン。

 

 

音楽が好きな人は自分の楽器やパートに愛着やこだわり・アイデンティティを持っている人が多いと考え、一人一人が各パートのデザインを着ることで、個性を主張し合い、色んな個性が集まって一つのもの(絆や音楽がつくりだすもの)を生み出すイベントになればという思いでこのTシャツを制作した。

1人(1枚)では成り立たない、各パート(のデザイン)が一同に集まることで初めて力を発揮する、そんなイベントの主旨になるよう制作した。

 

 

” NO MUSIC, NO TIES TODAY. ”

” 音楽がなければ今の繋がりはない ”

 

 

自分のパートの、または自分が好きな楽器のデザインを買うことで、音楽好きな人が、イベント中はもちろんイベント終了後も使いたくなるようなTシャツを目標にした。

 

 

ポイントは肩まで延長するデザイン。Tシャツなので小さくて細かくてごちゃごちゃしたデザインではなく、大きめに、シンプルに、かつ大胆に切り取り・配置することで、余白の美を生かした格好良さを追求した。

デザインの配置(楽器の向き)は着た人が楽器と向き合う配置(楽器を実際弾くときと同じ向き)になっている。

モノクロでかすれたノイズ感を出したデザインは、楽器が音創り出し、それがノイズのようになって人々に想いを伝えていくイメージで制作。

基本は男性向けの格好良さを考えてデザインしたが、スローガンのフォントは男性的で癖のあり過ぎるデザインにはしない等、全体的には男性も女性も着られるデザインにした。